ハンドメイド作家の暮らし日記

ハンドメイド作家の暮らしの工夫とハンドメイド販売のこと

夜が明けたら、自宅ショップOPENの日

こんばんは。
深夜、ソワソワしています。
夜が明けたら、自宅ショップの営業日だからです。
自宅ショップは、今は、月2回ほどOPENしてます。

何度OPENしても、OPEN日前夜は、
「明日お客様来てくれるかな~?」っとソワソワするのです。

自宅ショップを始めて、早10年。
10年たっても、まだ慣れません。
だからこそ、続けていけます。
なんたって、飽き性の私はいつも同じだとやる気がでない。

「そんな性格なのに、家事を日々続けてるって!!
かなり自分を褒めたい!」

あっ、話それてしまいましたね。

明日の自宅ショップのことでした。

子どもたちが小さい頃にスタートした自宅ショップですが、
今は、子どもたちも大きくなり、
また積み重ねた年月の分も、
何一つとっても、準備が楽になりました~
商品製作、商品撮影、SNSでの広報、商品値段付け、自宅の掃除、商品陳列、
そして、家事と育児、すべてをバタバタとこなしていた当時は、
今となっては、懐かしい。

以前の私だと、ショップOPEN前夜にブログに長文など、
どう考えても書けませんでした。

こうしてブログに前夜の気持ちを綴れるのも、
私にとっては特別なことです。

子育ては、いつしか落ち着き、自分の時間はいつの間にか増えている。
家事も家族と協力し合ってできるようになっている。
知恵もついて、家電に頼ることもできるようになっている。
いろんなことにチャレンジした20代30代から、
やりたいことに集中できる40代になっている。

増えた時間をどう使うか?
もしなんとなく過ごしてしまったら、時間はあっという間だろう。
今、落ち着いて考えられる時だから、
改めてハンドメイド作家としての暮らしを見つめ直している。

ハンドメイド作家の道はいろんなことあったな~
なんでこんなこと思うかというと、
今年、ネットショップを初め、一からのスタートという気持ちだから。

これまでネットショップをしていなかった理由は、
「手渡しでハンドメイド商品を販売したかった」から、
「目の前のお客様に直接販売していきたかった」からです。

でも、現状直接販売することができないことも多くなってきている。
去年から、マルシェやイベントが相次いで中止や延期になりました。
自宅ショップをOPENできない月もありました。
こんな時代がくるとは思わなかったですね。
だからといって、何もしない訳にもいかないと、
ネットショップ開設に踏み切りました。

安心して私たちの商品を手に取っていただくには、
ネットショップ開設だと決心し、2021年、BASEにショップを開設しました。試行錯誤の日々ですが、自宅ショップを続けてきたように、ゆっくり丁寧にネットショップも積み上げていこうと思っています。

そして、そんな風にネットショップ初心者だからこそ、
長く続けてこられた「自宅ショップ」を以前に増して、
大切に感じています。
新しいことを始めて、初めの1歩の大変さを感じ、
思うようにお客様とお会いできない日々を経験し、
お客様と会える喜びを特別に感じています。

明日(もう今日ですが)はどんな日になるかな~

f:id:berryoutdoor:20210503064733j:plain
レース袖の大人服